行政書士みうら法務事務所

マイナンバー制度

1、政府のねらいは「富裕層の資産の把握」です。

2、建前とされている目的は、「行政の効率化」「国民の利便性」

  「公平・公正な社会の実現」です。

3、マイナンバーが個人で使われる場面は3つ(当初)

  イ、社会保障(年金・健康保険・雇用保険・生活保護)

  ロ、税金(確定申告書・届出書・調書)

  ハ、災害時(被災者台帳の作成・生活再建支援金の支給)

4、マイナンバーを教えていい相手

  イ、源泉徴収票を発行してくれる勤務先

  ロ、支払調書を発行してくれる企業(原稿料・出演料・講演料)

  *こちらから、領収書を発行するだけの相手には、見せる必要はあり

   ません。

5、勤務先に「アルバイトや副業」が知られないためには、確定申告書を

  記入する際、住民税の「特別徴収・普通徴収」を選択する欄がありま

  す。「普通徴収」に○印を付けます。こうすると、自分で副業分の住

  民税を納めることになり、会社に知られることはありません。

個人情報保護方針

はじめに

  行政書士みうら法務事務所は、各種法的サービスのご提供に

 当たり、お客様の個人情報をお預かりしております。

 

  行政書士みうら法務事務所は、法律を取り扱う国家資格者の

 事務所として個人情報を保護し、お客様に更なる信頼性と安心

 感をご提供できるように努めて参ります。

 

  行政書士みうら法務事務所は、個人情報に関する法令を順守

  し、個人情報の適切な取り扱いを実現致します。

 

1、個人情報の取得について

  行政書士みうら法務事務所は、偽りその他不正な手段によら

  ず適正に個人情報を取得致します。

2、個人情報の利用について

  行政書士みうら法務事務所は、個人情報を以下の利用目的の

  達成に必要な範囲内で、利用致します。

  以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめ

  ご本人の同意を得た上で行います。

  A、ご依頼・ご相談に対する回答及び資料送付

  B、セミナー情報・法務サービスに関する情報提供

3、個人情報の安全管理について

  行政書士みうら法務事務所は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失

  又は毀損の防止、その他の個人情報の安全管理の為に必要かつ

  適切な措置を講じます。

4、個人情報の委託について

  行政書士みうら法務事務所は、個人情報の取り扱いを第三者

  に委託はしません。

5、個人情報の第三者提供について

  行政書士みうら法務事務所は、個人情報保護法等の法令に

  定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意

  を得る事なく、第三者に提供致しません。

6、個人情報の開示・訂正等について

  行政書士みうら法務事務所は、ご本人から自己の個人情報に

  ついての開示の請求がある場合、すみやかに開示を致します。

  その際、ご本人である事が確認できない場合には、これらの

  請求に応じません。

7、組織・体制

  行政書士みうら法務事務所は、三浦 俊雄を個人情報管理責任

  者とし、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施致し

  ます。

8、本方針の変更

  本方針の内容は変更される事があります。

  変更後の本方針については、行政書士みうら法務事務所が

  別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を

  生じるものとします。